遺品整理とは
 亡くなられた方の使用していた品々を遺品とし、それらを丁寧に整理することをいいます。   遺品整理は、「遺品処理」「遺品処分」「遺品回収」とも言われ、故人の家族や親族たちは、悲しみの中で遺品を整理することは、悲しみがより深まることもあります。
  
「遺品」というのは、遺産の中でも不動産など物品全般を指すものですが、「遺品整理」となると、故人が生前に使っていた生活雑貨や衣類、家電製品などのほうがやはり想像しやすいのかもしれません。
  
故人の遺品を遺族で分け合うことを「形見分け」と呼びますが、故人が借りていた借家や賃貸アパートなどは故人が亡くなった後、すぐに管理者に明け渡さなければなりませんので、法事後、直ちに遺品整理にとりかからなければならないことが少なくありません。
 
 また、日記・手紙・手帳・預金通帳などは、1年から2年程度は必要になってくることも多いため、きちんと保管をしておく必要があります。
  故人が亡くなって間もない状況では、なかなか遺品を整理する気持ちになれないことも多いでしょう。 また、遠方に住んでいて、遺品整理のために向かうことができないということもありえます。
 
遺品整理を何らかの事情で行えない場合があると思いますが、その場合は、遺品整理専門業者が代わって遺品整理をすることになります。   近年、核家族化が進み老人の一人暮らしが増えてきているため、「孤独死」という現状が増加してきました。 そのような背景もあり、この遺品整理専門業者は特殊ではなくなってきているのです。
 
一人暮らしをしている人が生前に遺品整理の見積もりや契約を依頼するケースも増えてきています。遺品整理専門業者は故人の遺品を整理するのが仕事であるため、整理した遺品は本来親族に渡さなければなりません。
 
 
誠意をこめて整理することが一番と考えております
 
故人・遺族の思い出の品を処分するのは自分でも勇気のいることだと思います。
それを他人である私たちが整理させて頂くわけですから、その重みは大きいと感じて
います。
故人・遺族の気持ちを大切にし、大変な部分は私たちがお引き受けいたします。
遺品整理によって遺族の方が穏やかな気持ちで明日を迎えられるよう
心を込めて作業をさせて頂きます。
 
整理のプランは一緒に考えることが大切だと思います
 
予算が限られている」
「自分でやりたいけど時間がない」
「ゴミ屋敷で手がつけられない」
遺品整理の悩みは突然の事もあり、予算、時間、状況など予期していない問題が
生じてくる場合も多くあります。
どのような状況であれ、ご遺族と共に一緒に最善の方法を考える事が
私たちの使命だと考えております。
そのなかで私たちのこれまでの経験と提供するサービスがお役に立てれば幸いです。 
 
 
 東京・神奈川全域対応
 
遺品整理について
費用について
当社の強み
サービスの流れ
買取サービス
 
 
お客様の声
 
スタッフ紹介
 
及川

-コメント-
遺品は大切な財産だと思います。1つ1つ思いのこもった財産を整理させて頂く事はとても責任の重い事だと考えています。自分の持つ経験が少しでもお客様のお役に立てるよう勉強しておりますので些細なお困りごとでもご相談ください。
 
駒田

-コメント-
遺品整理は不用品回収と違ってご遺族様、故人様の気持ちが残ったメッセージだと思います。たとえ不用な物でも私達は一つ一つ心を真心をこめて整理させていただきます。 不安な事がありましたら何でもお申し付けください。
 
米倉

-コメント-
お客様にとって常にベストな状況をご提案できるよう、日々勉強しております。
どのような事でも気軽にご相談ください。
 
西川

-コメント-
このようなお仕事に携わらせて頂きいろいろな方の大変さを感じます。ご遺品にはたくさんの思い出が詰まっていて、その中の1つ1つの物が大切です。 大切な空間に立ち入らせて頂く以上、心のこもったお手伝いをさせていただきます。
 
川村

-コメント-
お客様に「頼んで良かった、ありがとう」と言ってもらえる事がこの仕事をやってよかったと思えるときです。全てのお客様にそう言って頂けるよう日々頑張っていきます!
 
 
塚本

-コメント-
まだまだ経験も浅いですが
お客様の助けになれるよう一生懸命頑張ります。